bnr_side_catalog

ttl_side_category

ttl_side_special

  • bnr_side_special01
  • bnr_side_special02
  • bnr_side_special03
  • 名古屋発條工業 特注シム.comの特徴
  • シム・スペーサーの製作工程
  • オプション加工はこちら
  • 特注シムについてのお問合せはこちら

ttl_side_trading

bnr_side_contact btn_side_contact
名古屋発條工業株式会社

シム・スペーサー・スプリングなど
工業製品の加工・製造

ttl_shim

  • 形状別
  • 用途別

形状別

    • img_shim_ring01
    • img_shim_ring02
    img_thumb_ring01 img_thumb_ring01

    リング型シム

    特徴

    リング形状のシム・スペーサーです。内径と外径のサイズの差によって形状が定義されます。形状を決定付ける寸法が基本的には外径と内径のみのため、容易に形状が決定付けられます。

    用途

    軸やパイプ形状の部品間のスペースを埋めるあるいは隙間の最大値を決定付けるために使用されます。用途によっては、摺動部位へも使用され、表面強 度や耐熱性能が求められることがあるため、熱処理 や表面処理で機能付与を行います。

    • img_shim_c01
    • img_shim_c02
    img_thumb_ring01 img_thumb_ring01

    C型シム

    特徴

    アルファベットの『C』に似た形状のシム・スペーサーで、リングの一部分が欠けた形状をしています。内径と外径の寸法の差に加え、開いた部分角度などにより、様々な形状が想定されますので、形状を決定付けるための寸法要素は多くなります。

    用途

    リング型のシム・スペーサーと同様に、軸やパイプ形状の部品間のスペースを埋めるあるいは隙間の最大値を決定付けるために使用されます。リング型との比較では、シム・スペーサーを部品に取り付ける際の都合や部品の形状によって、C型が選定されます。

    • img_shim_ko01
    • img_shim_ko01
    img_thumb_ring01 img_thumb_ring01

    コの字型シム

    特徴

    カタカナの『コ』の字に似た形状のシム・スペーサーです。四角形の縦横サイズと、中央に向かって伸びる切り欠けの大きさによって形状が決定付けられます。切り欠け状に開いた部分によって、様々な寸法がとれますので、形状決定はやや複雑になります。

    用途

    機械や構造部の高さ・隙間調整のために主に使用されますが、リング型などと異なり角がある形状であるため、回転しない固定の連結部品間で、主に厚み調整および部品同士を固定する機能を果たします。

    • img_shim_plate01
    • img_shim_plate01
    img_thumb_ring01 img_thumb_ring01

    プレート型シム

    特徴

    基本的に四角形のシンプルな形状のシム・スペーサーです。四角形の縦横サイズによって形状が決定しますので構造はシンプルです。

    用途

    軸やパイプ形状あるいは、回転物の部品以外で、シム・スペーサーを固定する必要がない連結部にて、高さ・隙間調整のために広く使用されています。コイル状になったシムテープなども同様の使われ方をします。

用途別

    • img_shim_use_a01
    • img_shim_use_a02
    • img_shim_use_a03
    img_thumb_ring01 img_thumb_ring01 img_thumb_ring01

    固定・調整用

    特徴

    リング形状やC型形状、プレート形状、コの字型など、基本的な形状から派生して、複数の穴があるものなど、様々です。用途としては、部品間の隙間を埋めて固定するあるいは隙間の調整をするために使用されます。

    用途

    隙間を埋めて固定する、あるいは動作に伴って変化する隙間の最大値を決定づけるという、シム・スペーサーの基本的な機能を果たす用途に使用されます。

    • img_shim_use_b01
    • img_shim_use_b02
    • img_shim_use_b03
    img_thumb_ring01 img_thumb_ring01 img_thumb_ring01

    摺動部位用

    特徴

    回転物や振動が多くかかる部品などへ使用されます。リング型からC型、特殊な形状では渦巻き型まであり、形状は様々です。

    用途

    回転物や振動の影響を大きく受ける部位の固定および隙間調整に使用されます。摺動部位に使用するシム・スペーサーは、耐磨耗性や耐衝撃性などの要求値が固定・調整用シムよりも高くなります。

    • img_shim_use_c01
    • img_shim_use_c02
    • img_shim_use_c03
    img_thumb_ring01 img_thumb_ring01 img_thumb_ring01

    特殊用途

    特徴

    特殊用途は、基本的な機能である固定と間隔調整以外に機構上の要素が含まれるため、特異な形状をしているシム・スペーサーが数多くあります。

    用途

    特殊用途シム・スペーサーは、隙間を埋めて固定・ 調整する機能以外に、機構上何らかの機能を付与したものです。例えば、油溝を設けて、油の流出経路を設けているシムなどがあります。

bnr_tel